スポンサーリンク

彼氏彼女 恋愛コラム

【手放す勇気を出す方法】モノも人も手放せば仕事も恋愛もうまくいく!

こんにちは!!いずみです!!

 

昨晩寝ぼけながら、下記のようなツイートをしたら、共感してくださる方が多かったので、深堀します。

なかなか難しいけど、人生は手放すほど身軽になって楽になる。似合わなくなった服、話が合わなくなった友達、愛してくれない恋人、自分も相手も変わっていくから、合わなくなることもあるよ。そういうとき無理しなくていい、去るものは追わないで大丈夫。別れにも意味があるから、逆らわなくて大丈夫。

いずみのツイート

 

ツイートにも書きましたが、手放すことって本当に難しいんですよね…。

 

 

過去の私も割と、似合わない服も合わなくなった友人や彼氏も手放すことができないタイプの人間でした。

いずみ
最近は割と手放すことができるようになってきました。

じつは手放すことができないと【荷物】がどんどん多くなっていって自分が苦しめられてるなんてこともあります。

 

 

ということで、この記事では、執着してしまったり、手放すことが怖くなってしまった時に勇気を出して手放す方法をご紹介します。

 

なかなか手放せなくて…手放すときに罪悪感を感じている人におすすめの記事です。

 

合わなくなってきたら手放すことがおすすめな理由

合わなくなってきた人やモノを手放すことがおすすめな理由についてです。

 

人生長いこと生きていると、どうしても変化していきます

相手も自分も変わっていきます。

 

自分の価値観や考え方が変わって

  • 『あれ、この人と話合わないな』
  • 『この服もう好きじゃないな』

と感じてしまうこともあると思います。

 

たとえば、小学校のころは仲良くできても、大人になったときまで仲良くできるかは 別問題です。

 

自分が成長(人によっては退化かもですが…)しているので、割と合わなくなる現象は仕方がないことです。

というわけで合わなくなってきたらなぜ手放すべきなのかという理由についてです。

 

先にネタバレすると下記の3点が理由です。

簡単な流れ

  • 無理して合わせるのは大変だから
  • 荷物が多すぎると動けなくなるから
  • 手放すと新しい人や物が舞い込んでくるから

無理して合わせるのは大変だから

合わなくなってきた人と無理して合わせるのは、本当に大変です。

 

知らず知らずのうちに心も消耗します。

 

自然体でいて疲れるような方とずっと一緒にいるのはしんどいので、自分が好きでも『合わないな』という感情は『手放したほうがいいよ』っていうサインだったりもします。

 

いずみ
去る者追わずの精神大事です。

関連

元彼に執着してしまってるなという方におすすめの記事。

元彼への執着を手放すことができないのはなぜ?すぐできる対策も解説

続きを見る

荷物が多すぎると動けなくなるから

ぶっちゃけ合わなくなったとしても、そのままズルズル人間関係を続けたりしている方が楽だったりもします。

それでも、手放したほうがいい理由は『荷物が多いと動けなくなるから』です。

 

 

当たり前ですが、人生に時間は限られいるので、素早く動けることは結構な武器になります。

じつはそういう素早く動きたいときに合わなくなった人やモノは動こうとする自分の足かせになってしまうことも多いです。

 

 

合わなくなった人間関係を続けることも完全に悪とは思いませんが、自分の大事な人や本当にやりたいことに使う時間が無くなってしまいます

本当に大事にしたい人を大事にする時間、本当にやりたいことをやる時間は無限にあるわけではありません。

 

 

大事にしたいものは選ばないといけないのかなと私は思っています。

手放すと新しい人や物が舞い込んでくるから

 

悩みネコ
そうはいっても昔の友人切れないし、辛いことが多くても彼氏とは別れたくない、今の職場つらいけど次の仕事決まってないし…

ととまどったりする気持ちもわかります。

 

過去には楽しくやってきた友達だし、辛いことが多くても好きなものはすきだし、いくら大変でも次の仕事が決まってなのにやめれないし…

って考えるのは割と普通ですし、仕方がないです。

 

 

 

でも、ひとつ知っておいてほしいのは手放すと入ってくるということです。

しかも、それよりもよいものが入ってきます。

 

たとえば私の場合、

  • 小学校の頃の友達とはほとんど連絡を取らなくなりましたが、あたらしく近所に友達ができました
  • 彼氏と別れたら、今の夫に出会えました
  • 仕事を辞めましたが、別の仕事ができるようになりました

新しくできた近所の友達は新しい価値観を教えてくれる素晴らしい方ですし、夫は世界最高の人ですし、仕事を辞めましたが今の仕事のほうが好きです。

 

手放すと、本当に新しい人やモノが舞い込んできます。

 

 

 

手放した瞬間に入ってくるわけではないですし、タイムラグはあるかもですが、不思議なことに、手放したもの以上に自分の人生の質を上げてくれるものが入ってきます。

 

もちろん転職や引っ越しなど手放す前に準備が必要なこともあるので、今すぐがいいとは限らないですし、場合によっては準備が必要なこともあります。

でも、手放すことでよりよくなっていくのは私の人生の体感的に間違いないかなと思います。

 

手放す勇気を出す考え方と方法

ここからは手放す勇気を出す方法についてです。

断捨離を習慣にする

人間は失うことに悲しみを感じる生き物ですし、手放すのはそもそも難しいことです。

特に人や環境を手放すのは本当にむずかしいです。

 

 

 

なので、まずはモノを手放してみることがおすすめです。

 

 

 

使わないものや趣味が合わなくなったもの、昔お気に入りだったものなど、使わないものやあまり出番がなくなってきたものを思い切って捨てることをおすすめします。

 

 

 

モノを捨てる方が人間関係を捨てるよりも難易度は低いはずです。

簡単なとことがからやって少しずつ慣れていきましょう。

 

 

余談ですが、捨てるのに迷ったら『そのものに対してわくわく』するかどうかで判断していくといいかなと思います。

定期的に物を捨てる習慣があると、人間関係の断捨離も少しですが、怖くなくなります。

いずみ
有名だけどこちらの本が参考になります。
created by Rinker
¥1,250 (2022/05/11 10:48:47時点 Amazon調べ-詳細)

目的地が違うと考える

悩みネコ
手放したいけど、6年付き合った彼氏で自分から別れを切り出すのには罪悪感があります。

お世話になった会社で、先輩も好きなので会社を辞めることに罪悪感があります。

上記のように、手放すときに罪悪感を感じることがあります。

 

 

どうしても相手を悲しませたくないと思うから、罪悪感を感じてしまいますが…

 

 

実際に合わない状態でずっと一緒にいても、いい影響を与え合うこともなく、時間だけが過ぎてしまいます。

 

 

 

 

ときが経てば、お互い人生の目的地が変わることもありますし、

同じ目的地なら一緒にいくし、違う目的地なら別の道を歩む方がお互いいいはずです。

 

 

手放すときなんか罪悪感が…と思うかもしれないけど『目的地が違うし仕方ないか』って思えばいいかなと私は思います。

 

未来の私の土台と考える

悩みネコ
でも、手放したら何にもなくなってしまうような気がするんです。

と手放す前に不安になる人もいるかなと思います。

 

私も彼と別れたときはこのままずっと一人だったらどうしようとか、仕事辞めたときも不安でした。

別れないほうが良かったのかな、とかやっぱりやめないべきだたのかなとか、過去の自分に執着していたときもありました。

 

私のように手放せば後悔する瞬間があるときもあるし、執着してしまうこともあるけど、その過程にすら意味があります。

 

 

死ぬほど悲しい別れも、未来の私がよりよく生きるための土台になります。

辛い瞬間があるかもしれないけど、すべてに意味があるし、あとで必ずつながります

 

自分から手放せない人が手放す方法

悩みネコ
結婚した夫と合わないと感じます。子供もいるし離婚したいわけではないのですが、しんどいです…

今の上司がきついです。離れたいですが異動まであと1年あります。

上記のように自分から手放すことが難しいこともあると思います。

 

 

そんなときは目の前のことを淡々とやることをおすすめします。

 

 

自分がしっかりやっていると『目的地が違う』と感じた相手から勝手に離れていきます。

その人自体が離れていくこともありますし、その人が別人のように変わってしまうこともあります。

 

不思議ですが、自分に見合ったモノや人に囲まれます。

自分がレべルアップすれば、あなたにとって嫌な人向こうから勝手に去っていきます。

 

 

 

参考までに、じつは私の夫は一時期超堕落していた時期があり、一時は離婚も考えたこともあったのですが…

(詳しくはまた今度…)

現在そんな夫はいなくなりました。

今見ると本当に別人格の人です。

 

堕落した夫もあの時の私には必要な薬だったんだなと今は思います。

 

必要な人しかいないし、必要なくなったら勝手に離れていきます。

無理して引き止めなくていいし、準備が整えば勝手に離れられます。

 

 

 

というわけで、おしまー---い!!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

いずみ

人生をネタにしているアラサー。 基本めんどくさがりのなんでも楽しむスペシャリスト。 趣味は変顔と旦那と息子、人間観察が大好き。 学生時代のあだ名は『おしゃべりクソ野郎』

-彼氏彼女, 恋愛コラム