スポンサーリンク

大学生 就活

働くだけじゃしんどいから、お金の勉強しとけ!大学生のやるべきこと②

2018年12月14日

大学生でやっておいた方がいいだろうシリーズ第2弾です。笑

前回記事⬇︎

大学生は脱毛しろ!脱毛するか悩んで場合ではない!脱毛のメリットを語りつくします。

大学生って4年間もあるから長いですよね。

そんな長い大学生生活の間に何をしておけばいいんだろう?と疑問に思っている人も少なくないと思います。

ここでは、もう大学生をおえて社会人になって母になった私の立場から

「あ~あのときやっておけばよかった」

とか

「これはやっておいて良かった」

と思うことを勝手にまとめています。

前回は脱毛をした方がいいということで記事を書きましたが、今日はこれからも一生関わるであろう、お金についての話をしたいと思います。

 

まあ、いつもどおり私の勝手な価値観なので、「は!?何言ってんだ!こいつww」と思うこともあるはと思いますが、

 

「こんなお金の価値観をもったおばはんもいるんだな」くらいに思って聞いてくれたら幸いです。

スポンサーリンク

まずはお金に困らない生活をしよう。

大学生になると一人暮らしをしたり、バイト代があったりして自分で使うお金が増えてきます。

早いうちにちゃんとお金を管理できるようになっていくことがとっても大事です。

お金に困らず生活するための考え方を3つ紹介します。

大学生の時の悪しき習慣は大人になっても直らない

 

「お金を管理できる」というのは「お金に振り回されないような生活を送る」ってことです。

 

例えば、

来週の金曜日に給料が入るけど、あと1000円しかない!やべえ!!!!

 

ってなってたらだめなんですよ。

うん、まぁ失格ですね。笑

 

まあでもこういう人よくいるんですよね。

下手したら大人でもいますよ。

 

こういう、いつもお金がない男子大学生になってはいけません。

 

小学生じゃあるまいし、大学生にもなって生活するお金と遊ぶお金の区別がつかないなんてありえません。

 

お金について切羽詰まりながら生活するのは、さっさと卒業しておいた方がいいです。

 

ここで卒業しておかなければ一生お金に困る生活が待ち受けています。

なぜなら私の友人または知り合いで、大学生のときにお金に困っていた人たちは、働いてからも困ってるからです。

 

何が言いたいかというと大学生の頃の習慣はそのまま社会人になっても直らないということです。

今すぐ直しましょう。

自分の身の丈にあった生活をする

たくさん給料が有ればお金に困らないというのは大きな思い込みです。

 

お金に困らない生活を心がけるからお金に困らないのです。

つまり、収入が少なくたってその収入の中で考えながら生活すればお金には困らないはずなんですよ。

 

もしも、あなたが、大学生なのに切羽詰まってるんだとしたら、自分の身の丈をわかってなさすぎです。

自分のお給料に見合ったものが買えるのであって、

「欲しいから。」って言って10万円のギターを躊躇することなく買ってたらそりゃあ破産しますわ。

「付き合いだから。」とかいって財布の中身を考えずに飲み会言ってたらそりゃあなくなりますよ。

自分が稼いだ価値よりも多くのものを買ったら、破産するのなんて誰でもわかる事です。

小学生だってわかりますよ。

たとえ足りていても自分のお年玉でゲーム買うときには「これは、本当に必要だろうか?買ってもいいのだろうか?」

そんなふうに躊躇したりするものです。

でも、大学生になると、自分で稼ぐことができるようになるため、「また稼げばいいや」とか言って、本当にどうしようもない金の使い方をします。

自分の収入に見合っているのかどうかというのはとても重要です。

買う前に今の自分にふさわしいかどうかを必ず考えましょう。

衝動買いをやめる

お金がなくなる人は「本当に必要か?」と吟味しません。

飲み会に誘われたら片っ端から参加して、

欲しいと思ったものはとりあえず買います。

いや、別に全ての事に対して吟味しろと言ってるわけではないですが、何も考えずにバカスカ買うのは良くない。

とりあえず、洋服だったら1日経ってみてもまだ欲しいと思うものかどうか一旦家に帰って考えるべきです。

安いから買う、最後の1個だから買うではいつまでたってもセールで衝動買いしてしまいます。

 

必要だから買う。

まずはこれを徹底してみてください。

スポンサーリンク

お金に困る生活をし続ける人の末路

何度も言いますが、大学生の時にちゃらんぽらんなお金の扱いをしている人は社会人になってもずっと変わりません。

 

うちの職場にもいるんですよ。

公務員のくせになぜか貧乏な人。

みなさん、ご存じの通り、公務員という仕事はある程度の給料がもらえます。

でも、公務員だから金持ちかと言ったら大間違いです。

 

残念ながら、お金の扱い方を知らない人は、どんな大金貰ったって貧乏になるんですよ。

うちの職場の貧乏先輩Yさん

 

おそらく、うちの職場の公務員貧乏君は年齢的に40万位貰っているはずですし、結婚もしてなくて一人暮らし。

 

なのに、月末は「お金がピンチ」と言っています。

それもそのはず、彼はミスチルの大ファン、尚且つ車オタク。

 

ミスチルのライブやグッツを片っ端から集めてライブも駆けずり回って、おまけに趣味が車の改造ときたら……

 

そりゃ金なくなりますわな。笑笑

 

私なんか手取り22万くらいで、家族まで養っているのに、月末ピンチになんてなったことないです。

ピンチになるようなお金の使い方なんてしてたら、一生給料日を指折り数える人生になってしまいます。

人間そう簡単には変われませんが、変わるなら早い方がよりいいし、変なお金の使い方の癖がつく前に、まともにお金を操れる人になるべきです。

「家賃を払うお金がない!」

「給料日をカウントダウンしている」

そんな経験のある人は完全にお金に操られています。

お金は単なる道具だってことを忘れたらいけません。

お金はあなたがやりたいことをするためのツールでしかありません。

お金に振り回されたくなかったら、お金の使い方はきちんと覚えておかなければなりません。

関連記事安定した企業に就職しても将来の不安は消えない!自分で稼ぐ力をつけよう!

スポンサーリンク

普通に働いてるだけじゃしんどいんだぜ?

でも、今の時代、労働収入だけではしんどい。

なぜなら君達の通っている大学費用が高いからです。

今でもすでに半分以上の人が大学進学しますが、あなたたちが大人になる頃にはもっと多くの人が大学に通うとことになるはずです。

ちなみに、日本の40代の平均収入は約500万と言われていますが、(女性なら300万くらいです。)

年収500万だと税金等々引かれて手元に残るのは390万くらいです。結局390÷12=約33万円

が月々のお給料ということになります。この中から子供のための大学費用を貯金しなければならないのです。

40歳で例えば4人家族だとすると、一般的な生活費は

家のローン…8万円

光熱費 …3万円

通信費…2万円

食費…5万円

保険(大学費用貯金)…5万円

生活用品…1万円

老後の貯金…5万円

車の維持費(保険など)…5万円

月34万…

 

あれ?普通にネットで調べた平均で組むと赤字になってしまいました。

大学資金や子供に関わるお金は親として最低限用意しておきたいものです。

そうなると赤字にならないように、削られるのは老後の費用ですかね?

 

削ればなんとかなりますけど、結局かっつかつの生活なんてしんどいとは思いませんか?

私は月に一回くらいは家族で外食に行ったり、年に一回くらい旅行に出かけたいですけどね。

 

でも、お給料の現状はなかなか厳しいのです。

 

そうは言っても、頑張って一生懸命働いても所得税にかかる税は累進課税制度が採用されていますから、結局労働収入が増えたところで、税金をしっかり払わされます。

だから、たくさん稼いだところで、みんなが憧れる裕福な生活みたいなのはできないんですよ。

 

残念ながら、労働収入には限界があります。

 

そこで!!!家族以外に働いてもらいます。

お金に働かせるのです。

あなたが頑張って働いている間に、銀行でお金を休ませているってすごくもったいないんですよ。

お金にもお金を稼がせるのです。

スポンサーリンク

お金がお金を稼ぐことを体感しよう

自分の親が不動産のオーナーか株をやっていないとイマイチピンとこないかもしれませんが、

労働以外にもお金は稼げるんです。

 

学校では汗水垂らして働くことが普通で、それしか教えてくれませんけど、世の中稼ぎ方なんて本当に色々あるんですよ。

 

汗水垂らして働くことももちろん大切ですが、そんなに頑張って体をはらなくても、実はお金って手に入れられます。

 

例えば

株を買ってみたり

ブログで広告収入を得てみたり

趣味で絵を描いてお金をもらってみたり

私が知らない稼ぎ方もきっといろいろあります。笑笑

 

私はそういう労働以外でお金を稼ぐことにチャレンジするのは若い時がいいと思うんです。

 

だって、家族ができてから失敗したくないじゃないですか。

 

もちろん今、自分磨きとか言って美容室に1万円使ったり、洋服にお金を費やしたい気持ちもわかりますが、バイトで稼いだ大事な10万円を使って投資してみるんですよ。

 

小宮の一番のオススメは株です。

 

株なら失敗しても手元の10万円がなくなるくらいで、借金まみれになることはありません。

 

もちろん10万円すっ飛んだら大ショックですが、失敗は成功へのステップです。

若いうちにお金を使う(投資する)ことでお金が増える感覚を体験しておくべきです。

 

まあ、小宮がこれだけゴリ押ししても、大学生のうちに投資なんてなかなか踏み切れないと思います。

私も社会人7年目、結婚して、子供も生まれた今ようやく手を出したわけですから、やったことないことに手を出すことが怖い気持ちもわかります。

実際今まで怖かったですし。

周りのみんながやってないし、不安になるのもわかります。

でも、株やこうしてネットで広告収入を得初めて思うのが、

「なんでもっと早く始めなかったんだああああああああああ!!!」です。笑

 

他の記事でも何度か言っていますが、働くなんていつでもできることなんですよ。

大体、大学を卒業したらみんな働きますが、株などの投資に手を出す人は少ないです。

社会人生活が始まってしまうと、忙しいとかなんとかゆって投資にチャレンジすることができない人が多いです。

損したくないから勉強するとか言って、勉強する時間が取れなくて、結局後回しになっていつまでもチャレンジしないんですよね。

たしかに、株などの投資は損をするというリスクがありますが、大した利子のつかない今の時代は、銀行に預けているだけではお金はどんどん減っていきます。

極端な話ですけど、100年前の10万円と今の10万円の価値は同じではないですよね。

このように、お金は時間の経過と共に価値自体は減っていくのです。

今貯金した10万円は50年が10万円の価値であるとは限らないのです。

だから、お金を銀行に預けて何もしないでいるのは価値が減っていくのを待っているようなものです。

投資をして損をすることもあるかもしれませんが、なにもしないでこの人生を生き延びようとする方がよっぽどリスクなんですよ。

今はそういう時代です。

人間は病気になったら働けなくなる可能性もあるんですからね。←うちの旦那みたいに

働く以外の方法でお金を稼いでいく方法を見出していかなければならないと私は思います。

だからまずは、損することを恐れずにやってみることです。

私だって株で損してましたけど、金持ちになるための勉強と思ったら安いもんです。

ちなみに私はSBI証券で株の取引をしています。

手数料も安いし口座開設も無料なのでおススメですよ。

SBI証券の開設詳しい話はコチラです。

受験勉強と一緒でお金の勉強も早い方がいいです。

早ければ早いほど、周りと比べて有利なんですよ。

お金の勉強はこちらがオススメです!⬇︎

無料なので、大学生なら1度行ってみる価値ありますよ♪

関連記事安定した企業に就職しても将来の不安は消えない!自分で稼ぐ力をつけよう!

スポンサーリンク

LINE@で【無料恋愛相談+プチコラム】やっています!
本気で悩んでいる人のために作りました
↓↓↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓↓↓
LINE@登録 みなさんの体験談も募集中です(^^)
ブログにて紹介させてください!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

小宮 泉

元中学校教員。学校に人間関係の授業がないので「ブログで学べたらいいんじゃね?」というノリでブログ開設。 悩む人を笑わせたい!元気にしたい!!と思い、日々試行錯誤しています。 趣味は変顔と旦那と息子。

詳しいプロフィールはこちら

-大学生, 就活

Copyright© 迷ったときの生き方辞典 , 2020 All Rights Reserved.