スポンサーリンク

マッチングアプリ

マッチングアプリのLINE頻度は?連絡したいと思われる人になる方法

2020年6月28日

悩みネコ
マッチングアプリで出会った人とのLINE頻度ってどのくらいが良いものなの?

適切なLINE頻度を知りたい!

 

という方のために相手に居心地よく思ってもらうための【適切なLINE頻度】についてまとめました。

 

本記事の内容

  • マッチングアプリで出会った人との連絡頻度はどれくらいがベスト?
  • 連絡頻度を相手のペースに合わせる方法
  • 相手よりも頻度を多くするとどう思われるか
  • 即レスはだめって言われるけど駆け引きってどうやるの?

恋愛でうまくいく人はLINEの連絡頻度の調節がすごく上手です。

 

この記事を読んで、相手に居心地よく思ってもらうLINE頻度をマスターしましょう!

スポンサーリンク

マッチングアプリで出会った人との連絡頻度はどれくらいがベスト?

マッチングアプリで出会った人とのLINE頻度ってどれくらいがベストなの?と思いますよね。

すべての人に当てはまるペースなどない。

残念ながら「1日1通がベストです!」とか「週に2~3回がベスト」など決まった答えはありません

 

なぜなら、LINEなど連絡頻度の価値観は人によって異なるからです。

 

当たり前ですが、人間はロボットじゃないですからね。

人によって感覚はちがって当然です。

 

  • 1日10通くらいやり取りしたい人
  • 1日1通でいいという人
  • 1週間に1通でいいという人
  • そもそもLINEがあんまり好きではない人

いろんな人がいますから、すべての人に当てはまる適切な頻度などありません

LINEの頻度は相手のペースに合わせる

不満ネコ
おい!じゃあどうすりゃいいんだよ。

と思いますよね。

すべての人に当てはまる適切なLINE頻度がないので、【その相手のペースに合わせるのがベスト】です。

 

例えば、相手が1日1通で良い人ならあなたも1日1通。

相手が毎日10通やり取りしたいならあなたも毎日10通。

といった具合です。

 

相手が心地よいと思うペースがベスト頻度なのです。

スポンサーリンク

連絡頻度を相手のペースに合わせる方法

相手の頻度に合わせればいいとはいえ、「でも頻度ってどうやって合わせるの?」と思う方もいますよね。

 

小宮
「私1日1通派だけどあなたどう?」なんて聞けないよね。(笑)

 

というわけで、ここからは相手のLINE頻度に合わせる方法を紹介します。

LINEの返信速度を同じくらいにする

まず1つ目は返信速度を同じくらいにすることです。

 

例えばこんな感じです。

彼が1分で返信してきた→私も1分で返す。

彼が1時間後に返信してきた→私も1時間後くらいに返信する。

 

上記のように、返信間隔のペースを合わせてあげることで、ガッついてる感じがしなくなり、無駄なプレッシャーを感じにくくなります

 

この方法は男女ともに有効ですが、男性は女性よりも若干早め、女性は男性よりもちょっと遅めが黄金比です。(笑)

 

結局、男性は追いかける、女性は追いかけられるこの構図が一番うまくいきます。

 

返信文字数を同じくらいにする

返信速度同様に、返信の文字数もお相手に合わせていきましょう。

 

合わせると言っても雰囲気があってればOKです。

例えばこんな感じです。

  • 彼が4行で返信してきた→私も3~4行で返す。
  • 彼が2行で返信してきた→私も1~2行で返す。

 

欲を言えば、返信時間と同じように男性に追ってもらう形が理想ですので、

  • 男性は女性よりも若干文章を多め
  • 女性は男性よりも若干少なめ

を目安に調整すると◎ですよ。

 

相手の返信が短いのに、やたら長いLINEを返すのはゾウ並みに重いプレッシャーでしかないです。

絵文字の感じも似せる

ついでに絵文字の雰囲気も似せておきましょう

例えば相手が絵文字を使うなら自分も使う

(^^)の絵文字がよく出て来るなら自分も使ってみるなどそんな感じでOKです。

 

理由は、相手と同じ行動をとることで【親近感】を抱かせることができるからです。

 

これの現状は恋愛心理学では「ミラーリング」と呼ばれています。

要するに自分と似てると気になっちゃう!みたいなイメージです。

 

やりすぎはキモイですが、「(笑)なのかwwなのかを合わせる」というような小さなことでもOKです。

スポンサーリンク

相手よりも頻度を多くするとどう思われるか

では、相手の返信頻度に合わせずに頻度を多くしまくるとどうなるのでしょうか?

そんなに早くなくていいのに…ちょっと重いな

まず、1つ目の感想は「重いな」です。

例えば、自分が1時間かけて返信したのに、1分で返信きたらなんかプレッシャーを感じるというような感覚ですね。

 

 

特に男性は「同じ量の愛情を与えあいたい」と思っているので、自分よりも女性ががっついているとそれだけで重く感じてしまいます。(笑)

ちなみに女性は「自分ができる限り愛情を尽くしたい」と思っているので、やりすぎてしまう人が多いです。

いつもすぐ返ってくるこの人暇なんだな…

2つ目の感想は「なんかこの人暇なんだな。」ですね。

ちなみに私は返信早い男性に対して「常に暇してるタイプか…収入の伸びしろなさそう」と思ってましたww

 

ラインの返信が毎度毎度早すぎる人って、本当にそれ以外にやることないのかな?と思うほどのスピードだったりします。

 

小宮
まさに24H営業です。

 

別に悪いことではないのですが、返信を早くして!と強要されたらいやだなあという妄想は膨らむかもです。

やたら返信早いな。メンヘラっぽいのかな?

男性の意見で良くあるのですが、あんまり返信が毎回早いと「メンヘラっぽい」のかな?と思うことがあるようです。

 

確かにLINEにずっと依存している女の子ってたまにいますよね。

 

縛られたくないタイプの人とかは特に気になるポイントなのでしょうね。

スポンサーリンク

よく即レスはだめって言われるけど駆け引きってどうやるの?

「返事はすぐ~にしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど、駆け引きなんてできないよ~♪」

とそんな歌詞があるくらいですが…駆け引きのやり方についてです。

返信が遅けりゃいいってもんではない

【恋には駆け引きも必要!返事は少し遅くするべき!】

みたいなテクニックが出回ってますが、遅けりゃいいってもんでもないです。

 

当たり前ですが、早めに返信が欲しい時にLINEが来ないとぶっちゃけテンション下がります

 

例えば

    • デートの予定を組むタイミング
    • 面白い話題で盛り上がっているとき

とかですね。

 

もちろん焦らすことは効果がありますが、時と場合で使い分けるのがベストです。

実は駆け引きは必要ない

とはいえ個人的な私の考えですが、駆け引きは必要ないと思います。

 

だっていちいち「相手に合わせまくる」ってだるくないですか?(笑)

 

返信の速さを合わせることは効果的なんですが、やりすぎはただ振り回されてるだけですよね。

あなたが連絡したいと思う頻度も大切にするべきです。

自分の時間を楽しんでいるから返信が遅くなるのが最高の駆け引き

とはいえ一応駆け引きのやり方を紹介します。

 

私が思う最高の駆け引きは、

  1. 自分が楽しいことに夢中になる
  2. LINEにきがつかない
  3. 返信が遅くなる
  4. 結果的に駆け引き状態になってしまう

というパターンだと思っています。

 

この「駆け引きになっちゃってた!!」はスーパー理想形です。

なぜなら、あなたが何も考えていないのに、相手は「返信まだかな?」とあなたのことを考えるからです。

 

 

そもそも駆け引きの目的は「相手に自分のことを考えさせること」です。

 

なのに「今からちょっと返信遅くして焦らしてやろう」って…

 

 

相手のこと考えまくりですよね。(笑)

 

 

 

なんなら、待たせようとする側の方が【相手のことを振り向かせようと必死】ですよね。(笑)

 

 

というわけで「結果的に駆け引きになってたわ~」の状態を目指すために、趣味など見つけて人生を充実させていきましょう!

スポンサーリンク

返信頻度を無理して合わせなくてもいい人を選ぼう

ある程度、返信頻度を相手にあわせることも大切ですが、

自分の気持ちをすべて押し殺すのはちょっと違うと私は思います。

 

相手に全部あわせられるなら良いのですが、なんだかんだ不満がたまったり物足りなく感じてしまうんじゃないですかね?

 

相手の価値観を理解することも大事ですが、自分の価値観を示していくことも大切です。

 

無理して合わせても、辛くなるだけだったりします。(笑)

 

だから価値観がある程度合う人、違いを許せる人を見つけていくことが大切です。

 

価値観が完全一致する人なんていませんが、「許せるなという人」なら巡り合えるものです。

スポンサーリンク

LINE@で【無料恋愛相談+プチコラム】やっています!
本気で悩んでいる人のために作りました
↓↓↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓↓↓
LINE@登録 みなさんの体験談も募集中です(^^)
ブログにて紹介させてください!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

小宮 泉

元中学校教員。学校に人間関係の授業がないので「ブログで学べたらいいんじゃね?」というノリでブログ開設。 悩む人を笑わせたい!元気にしたい!!と思い、日々試行錯誤しています。 趣味は変顔と旦那と息子。

詳しいプロフィールはこちら

-マッチングアプリ

Copyright© 迷ったときの生き方辞典 , 2020 All Rights Reserved.