スポンサーリンク

結婚

彼女が結婚したいと言わなくなったときの女性心理をアラサー女が暴露

はいどうも、恋に悩める男子の皆さんこんにちは。

恋に悩んだ経験をもとにブログを書き、現在は既婚者子育て真っ盛りクソババァキャラを貫いてます、泉です。笑

 

さてさて今日は

「結婚結婚!」と隙あらば結婚の話を持ちかけていた彼女が急に結婚の話をしなくなって

「あースッキリ解放された……?」のはずが、なんだか不安になっちゃっている男性に向けて

 

結婚結婚と言わなくなった彼女は一体なにを考えているのか

 

を勝手に解説したいと思います。笑

スポンサーリンク

そもそも女が結婚したいという理由は出産のための可能性大!

そもそも男性からしたら世の中の女たちが

なぜそんなに結婚を急いでいるのか?

不思議ですよね。

 

 

きっと結婚はまだいいや〜と思う男性の思考回路は

  • 若いうちに結婚するなんて経済的に無謀だ。
  • 若いうちは遊んだ方がいいに決まっている。
  • ある程度キャリアを積みたい。
  • 本当に彼女でいいのかわからない。
  • 周りも結婚していないので結婚する気になれない。
  • 一人の人に決めたくない。

 

とこんな感じでしょうかね。

まあ気持ちはわからなくはないですよ。

 

女だって本当は結婚なんて後の方がいいはずなんですよ。

 

でも急いでいるのはなぜか?

 

このサイトに来てくださったあなたには特別にお教えします。

 

出産は多くの女性の夢の1つである

女性が結婚したいと思う、一番の理由はズバリ出産したいからです。

 

「結婚がしたい」と言うのはあくまで通過しなければならない目標であって

 

ゴールは

自分の子供産んで自分の家族を作りたい。

だから、結婚したい。

なのです。

 

家族を作る、子育てをする。

子どもを育てることは、多くの女性が描く夢の1つだと私は思います。

 

もちろん仕事命!!だったり、そうじゃないっていう女性も一定数いますよ。

 

でも、おそらく子供を育ててみたいと思っている女性は多いです。

 

 

もしも彼女があなたに結婚を迫るなら、あなたの彼女はういう夢を描く女性の一人かもしれないということです。

 

まぁ本能の視点から考えてみても、子孫を残したいから結婚したい思うのは当たり前の流れです。

 

だから、男性に結婚を迫っているわけです。

スポンサーリンク

なぜ女性はそんなに早く出産したいのか?

と、女性にはそんな夢があることはご理解いただけましたでしょうか?

出産は大変だから早く結婚して若くて体力のあるうちに経験しておきたい

だから、なるべく早く夢を叶えたいわけです。

出産は先延ばしにできないわけではありませんが、タイムリミットがあります。

 

男性のみなさん…

なーんだ子供産みたいだけ?

子供なんて30過ぎても産めるから30過ぎに結婚でもいいじゃん!

とか思ってませんか?

 

たしかにね、その考えも分からなくはないです。

今時100歳まで生きるわけですし、そんなに早く一生一緒にいる人決めたくないですよね。

 

はっきり言ってそれは女性も同じこと思ってますw

 

でも、出産も子育ても、本当に大っっっ変なんですよ。

女性にはそれがわかっています。だから早く生みたいのです。

 

しかし男性は自分は産まないから、リアルに考えられないんですよね。(もちろん男性だから仕方のないことです。)

 

 

もちろんまだ責任取れるほどの金銭的余裕が無かったりして戸惑う気持ちはすごくわかりますが、

子どもを産んだからこそ、全国の女子を代表して私は声を大にしていいたい。

 

出産はマジで痛いし子育ても大変すぎるので、できるなら早く産ませてあげてほしいです。

私は26歳で子供を産んで、若くてよかった…と心底思いました。

26歳の出産ですら本当につらかったし、不安だった

では、まずはこっから語ることにしますね。

 

そう、巷では鼻からスイカとかいう意味のわからない例えで言われる「出産の痛さ」についてです。

出産は衝撃的な痛さです。笑

小宮
私も正直なめてましたwww

もはや痛いっていう次元ではないです。

鼻からスイカもわからなくはないんですけど、想像できないですよね。

 

しかも、この痛みは男性は体験することがないので、理解しがたいものだと思います。

 

そこで!!!

 

超お節介な私が、今から男性のみなさんに出産の痛みを体験させてあげますから、しっかり想像してくださいね。笑

 

はい!では、まず

お腹を下したときのお腹の痛さを思い出してください。

キリキリキリキリ……

 

 

その状態で、鬼の金棒でまたをぐりぐりやられる感じです。

 

 

 

どうです?いたくないですか?(笑)

 

もぅ痛すぎて限界を迎えて白目向いて横たわることしかできません。

 

しかも、それが12時間。ぶっ通しで続きます。

 

これが出産なんですよ。

 

帝王切開だとしても、陣痛は体験します。

マジでオーバーに言ってません。

出産経験のある女性の方なら共感していただけるかと思います。笑

 

 

男性に言いたいのは、男性が想像する数万倍痛いってことです

子どもはそんな簡単にできるもんじゃない

で、出産をするためには子供を授からなくてはなりません。

これが意外と難しいんですよ。

 

実は子供ってそう簡単にできるもんじゃないんです。

 

排卵日を狙って毎月頑張ってもなかなかできない…なんてことは珍しくないです。

あれー?おかしいなぁ…と不妊治療始めてもそっからが長いですしね。

 

 

しかも年齢が上がるのとともに子供もどんどんできにくくなります

20代の女性が子供を授かるまでにかかる時間はおよそ6ヶ月くらいですが、それが

30代にもなればそれが10ヶ月と言われています。

 

つまり、子供が欲しいと思ってから行動しても1年くらいかかってしまいうかもしれないということです。

 

 

しかも、現代人は食生活や生活そのものが乱れています。

ストレスで生理周期が整わず排卵日がわからない女性もいます。(←私)

 

50%の確率なんて言われますけど、チャレンジした感じそんなに高くないです。笑

 

何が言いたいって、子どもは男性が思ってるほど簡単にできるもんじゃないですよ。

出産も子育ても大変だから若いうちに産みたい

そして、大変な出産の後に控えているのは授乳地獄です。

いや、母親として授乳できる、子供にミルクをあげられるというのは幸せな時間でもあります。

 

でも毎晩毎晩起こされるのって辛いんですよ。

 

毎日は地獄です。

 

粉ミルクがもちろんありますけど、男性は仕事をしているでしょうし、夜中世話するのはやはり母親です。

 

うぉおおおおおお!

寝かせてくれええええ!

ってなります。

 

しかも、あんまり知られていませんが授乳って、自分の食べたものから栄養満点ミルクを作るという仕組みなので、

実はかなり体力使います。

 

もちろん、授乳したら走った後みたいに息切れするとかそういうことではありませんけど…

 

髪がめっちゃ抜けるし、痩せていきます。(太る人もいるようですが、私の場合体質が変わったのか、体重管理が難しくなる気がしました。)

 

私は25歳で産みましたが、若くして産んでも体にそういう影響が出るのです。

そう言う先輩ママたちの話を聞いているから、そもそも体力のあるうちに産んでしまいたいと思うのです。

スポンサーリンク

男性が結婚を先延ばしにする主な理由に対して女が思うこと

彼女との結婚を先延ばしするために

 

「30歳になったら…」

「会社に勤めて3年経ったら…」

「資格試験に受かったら…」

 

と理由を言っている男性も多いですよね。

実際このセリフはマジでよく聞きます。

結婚を先延ばしにする男性たちに対する女たちの心の中

 

私の男友達も平気でこんなことを公言していますが、これを言われた女性の気持ちを私が代表していいますね。笑

 

 

 

30歳になったら…

会社に勤めて3年経ったら…

資格に受かったら…

とかいってるけど、まず聞きたい。

 

30歳になったら何か変わるの?

結婚したら資格の勉強できないの?

30歳になったら安泰してると言い切れるの?

 

そもそも会社に勤めて3年って何基準ですか?

3年経っても今と変わらず忙しいと思うけど?

資格受かったらとかいうけど、死ぬ気で勉強してんの?

受かんなかったら結婚はもちろんしないということだよね?

 

 

まぁつまり、今の自分じゃ経済的に不安だからまだ結婚できないってことね。

でも、結婚に向けて節約する意志全然見当たらないじゃない。

3年後とかいって本当は結婚する気ないんじゃないの?

 

そんな人を女が待つメリットってないよね?

 

え?あなたは女が30歳になるまで待つほど魅力的な男って思ってるわけ?

 

女は全てを口にしない

と、こんなふうに思っています。笑

ただ、女性はみんな言わないんですよね。

 

当たり前ですが、女は思っていることを全て口にしません。

 

 

だって、結婚して家族になってくれるかもしれない人とそんなすぐには縁を切れませんもん。

 

何度も言いますが子供が欲しいんですからね。

みんな結婚相手を見極めるのに必死です。

女は常に男性の何倍も先を見て行動しています。

 

 

時が経てば、資格が取れれば、自信を持って結婚できると思っているのか、それともただ断るのに便利な言葉だから言っているのか……

 

私は男性じゃないですからどっちかはわかりませんが、

こういうことを言われた女は、今の自分に自信のない男なのか、結婚する気が本当はないのかを探ると思います。

スポンサーリンク

結婚したいと言わなくなる理由

子どものために結婚したいと熱弁していた彼女が、急に結婚をせがまなくなってきた。

そのときの彼女の心境は次の2つのどちらかです。

あなたと結婚したいからと合わせてくれるお人好し

何度も言いますが、女性は子どもを産みたい。

そのために結婚してくれる男性を探しています。

もし、彼女が次にあなた以上にステキな男性に出会えそうにないと思っている場合、

「これ以上言ったら彼に嫌われてしまう。いまは控えよう」と思っているパターンです。

 

 

でもね、このタイプの女性は正直いってあんまりいないんですよ。

だって自分との結婚願望がない人とか

三十になったら結婚するとか言ってる人が相手では自分の人生設計そのものがくるってしまうからです。

 

その人生設計を捨ててまで一緒にいたいと思われせてくれる男性は実に少ないです。

 

実際私の場合は昔の彼に

「絶対、泉と結婚するけど30くらいになったら結婚したい。ぶっちゃけまだ遊びたいし、25とかで結婚は早いと思う。もっと後で出会いたかったなぁ〜。」

と言われました。

 

絶対とか言う割に30くらいになったら…という曖昧な発言…

 

正直若いうちに子育てを終わらせたいと思っていた私はこの言葉で冷めました。笑

 

当時わたしは若くして子供を産んで、一緒に走り回ったりして、遊びたいたいって思っていました。

 

そういう子育てを若い頃は思い描いていたんです。

 

今でこそそんなのは別に歳をとっていてもできると思いますが、当時のわたしはまだ若いですから40代の自分なんて想像できませんでした。

だから、歳をとった自分に対して自信がなかったんですよね。

 

そんな理想から、当時のわたしはできれば23歳くらいで子供を産みたいと思っていました。

30までなんてとても待てない。

 

30になるなら子どもは産まないし、子ども産まないなら結婚なんてしたくない。

だったらこの人と付き合う必要ある?

 

本気でそう思いました。

 

だから、好きという気持ちも大事だけど、自分の人生設計と合致する人を探さなきゃダメなんだなと悟りました。

 

軽々しく30歳になったらなんていうもんじゃありませんよ。

女は男性が思っている以上に先のことまで考えていますからね。

もう別の男を探しているところ

男性に30歳までは結婚しないなどと言われたら、大抵の女は付き合いを見直します。

結婚しようと取ってもらえる方法はないか?

彼を説得する方法はないか?

そもそもこの人と付き合っていていいのか?

などいろんなことを考えます。

 

実際にわたしも30まで結婚したくない宣言されたときは、今すぐ別れるべきか迷いました。

そのときすでに23歳です。

結婚も出産も焦るような年齢ではありませんが、モテなかったわたしは私を愛してくれる人がこの世にまだいるのか?という心配をしていました。

 

今なら23なら全然出会いあるよ!と思いますが、当時の私は自分に自信がなかったのでそうは思えなかったんですよね。

 

一生一人か?

それとも

30で子ども産むか…

 

一人で勝手に究極の選択でした。笑

 

でも30まで待つ気はさらさらありませんから、遅刻したことをキッカケに別れることにしました。笑

 

おそらく女性の場合違うと思ったら即別れるか、

違う男を付き合いながら探すかのどちらかだと思います。

おそらくモテる女は付き合いながら違う男を探すでしょうね。

 

だから結婚なんて当然せがまなくなりますよ。

もぅ別れようと思ってるんですからね。

スポンサーリンク

まとめ

一般に男性は恋愛=恋愛(セックス)

女性は恋愛=結婚といわれています。

女性は結婚に繋がらない恋愛はわざわざしないという考えの人も割といます。

つまり女性の結婚願望を潰すような発言をすると、人によっては恋愛感情が一気に冷めてしまうことがあると言うことは知っておいてくださいね。

結婚したいけどもっといい女がいるかも...とためらう男たちに小宮から最終警告w

スポンサーリンク

LINE@で【無料恋愛相談+プチコラム】やっています!
本気で悩んでいる人のために作りました
↓↓↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓↓↓
LINE@登録 みなさんの体験談も募集中です(^^)
ブログにて紹介させてください!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

小宮 泉

元中学校教員。学校に人間関係の授業がないので「ブログで学べたらいいんじゃね?」というノリでブログ開設。 悩む人を笑わせたい!元気にしたい!!と思い、日々試行錯誤しています。 趣味は変顔と旦那と息子。

詳しいプロフィールはこちら

-結婚

© 2020 迷ったときの生き方辞典